So-net無料ブログ作成
検索選択

噂の世界初の猫の慢性腎不全治療薬「ラプロス」 [健康]

腎臓病の猫飼いさんの間で話題になってる世界初の猫の慢性腎不全治療薬「ラプロス」。
待ちに待った、というのもあるのだが、投与方法でもいろいろといわれてます。

空腹時だと成分の血中濃度が数倍に上がってしまったり刺激があるので、
食後に錠剤のままじゃないとダメなんだだそうで。

これはむずかしい子もいますよね。
よく書いてある、獣医師が推奨する猫へ投薬方法
(あごをつかんで口に放り込み、口を閉じて喉を撫でる)
は、できる猫もいると思いますが同じくらい出来ない猫もいると思います。
特に野良ちゃんあがりの子とか、神経質な子とか。
うちのはとても神経質で頭を抑えることも出来ないので無理です。

美味しい物に混ぜてごまかして食べさせるとしても、
食事が終わったら猫は美味しい物でも食べないし、
食事終わりそうなタイミングも毎回食べる量が違うからわからない。

そうすると次の食事、次の食事となって、1日2回なんて到底無理、ということになります。


もうちょっと食べやすい、あげやすい形だったらよかったですねぇ。
待望の薬なのに。ものすごく残念。


うちの猫はセミントラを1日1回やってますすが、
これはなぜだかとてもおいしいらしく、
喜んで食べてくれます。
セミントラはとろみのある液状なのですが、
粉末にしたドライフードを小スプーンの先くらいちょっとラップに乗せ、
小さめの小鉢に窪ませて置き、付属のシリンジで計量したセミントラをかけて
30分から一時間くらいふやかしておきます。
まあ最悪「忘れてた!」となって直前にかけてふやけてなくても食べてくれますが、
ふやけてたほうが食べやすいかな、と。
ラップを広げると直接舐めてくれますよ。
おいしい薬はとても助かる。


ラプロスもそのくらいあげやすい薬だったらよかったのになぁ・・・。
東レさん、共立製薬さん。
新形式考えてくれないかな。






nice!(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0



↓DHCトップページの下の方にある、スライド式キャンペーンバナーから行けますよ。
DHCスタンプ
DHCスタンププ賞品


イラスト素材・ベクター素材のピクスタ